toggle
2019-07-02

2017年 アメリカオレゴン皆既日食旅 体験記1

はろー!好きな野菜はゴーヤー!
りえです。

今月7月は立て続けに天体ショーが起こりますっ◯
7月2日(現地時間。日本時間だと3日午前4時〜7時くらい)に皆既日食(南米にて観測可能)、
7月17日には部分月食(日本の一部で観測可能。この日は満月なので満月ナイト◯やります)。

年末12月26日にはインドで金環日食が観測可能
今さらインド熱が急上昇中なので、そのまま年越しインドも魅力的、、。

さて、明日の皆既日食はNASAがネット中継(NASA TV)してくれます!!
日食&月食ハンターの皆様は現地に向かっているかと思いますが、
「今回はいけないんだな〜!」という方「見たことないけど」という方には朗報◯
わたしも早起きして観る予定です!

ちなみに日本で観測可能な皆既日食は2035年9月2日。(参考:国立天文台HP)
15年後か。それまでどこかの天体ショーを観に行ってるかもしれないな。

皆既日食はちょうど2年前にアメリカで観測されました。

私たち夫婦は、2年前の2017年8月21日にアメリカ合衆国を横断した皆既日食 (Total Solar Eclipse)を体験するために渡米しました。

©ashramindigo

日食,toalsplareclipse

©ashramindigo

日食前のポートランドにて。日食グッズ販売中!©ashramindigo

日食旅で体験したことをアップしたいと思っていたのですが、自分たちの中で言葉にするのが難しく、味わう時間が長すぎて気がついたら2019年に突入していました(笑)そろそろ書かないと記憶の奥底に埋もれてしまいそうなので、ぽちぽちと書いていきますね!(いつものパターン)
天体ショーを現地で体験するとハマってしまう人が続出する、、というその現場の様子や感じたことも綴りたいと思います。

海外生活経験もあり、旅行もそれなりに行っているので特に不安もなかったのですが、蓋を開けてみれば「海外旅行のパプニング全部盛りかよ!」くらいの勢いで、次々にアトラクションがありまして、、。

日食の一連の話をすると「まだあんの?!笑」「それブログとかに残した方がいいよ!」といろいろコメントをいただくので、ハイ、自身の忘備録とともに、みんなの参考になればいいなという思いも込めて。

©ashramindigo はじまるよ!                   


1

皆既日食を見に行こう!

そもそも日食を見に行きたいという思いは、かなり昔からあった。
2006年トルコの皆既日食、2009年奄美の皆既日食旅に出ていた夫は、私にもモーレツに「体験して欲しい!」と常々言っていた。

2017年前後は近場のアジアの国々で観られるチャンスがあり検討していたものの、天候面など好条件で観測したかったことや、たまたまその直前に結婚したこともあり、新婚旅行(後付け)も兼ねての日食旅に。

私は「静かにしっぽり日食を眺めたい」と思っていたけど、わいわい日食経験をしていた夫は「世界中の人が集まるし、とりあえずみんなと眺める選択肢も経験しといたら」というので皆既日食パーティー、いわゆるギャザリングに参加することにした。

世界各国のビッグレイヴが集結

8 月17日(木)〜23日(水)のおよそ一週間を、オレゴン州 ポートランドから車でおよそ5時間ほどの「Ochoco National Forest(オーココ国立森林公園)」でキャンプ生活をしながら、音楽やヨガ、瞑想、アート、パーマカルチャーなどの各種講演や世界中から集まった様々な部族のエルダー(長老)やシャーマンの儀式(セレモニー)などを体験しながら過ごす大規模な野外イベント。この日のために世界中から人が集まってくる。

巨大なアート作品やオブジェもあるし、砂埃もすごかったし、でも食事には困らないし傍観しててもいいという意味では、辛くないBurning Man (バーニングマン)みたいなものかな?

次回の皆既日食パーティーは2020年11月10-16 in パタゴニア

キャンプは今の夫に会ってからデビューしたのだけど特に抵抗はなく、心配だったのはお風呂とトイレくらいだろうか。(女子だし)

3月頃にチケットをオンラインで購入。スーパー早割で一人あたり、325ドル+tax。
ポートランドから発着のシャトルバスも往復で予約。こちらは一人往復100ドル+tax。

山だし何もない荒野ということで、バックパック2つにキャンプ道具と旅の必需品を詰め込んだ。(でも結果スーツケースにしとけばよかった。意外にも海外の皆様はスーツケースで来ていて「まじか、そういう感じ」と面食らう笑)

現地の情報は、facebookでほんの少し共有されるのみ。直前になってもほぼ情報はなし。

今回の旅程はこんな感じ。

2017/8/14 羽田(HND)- バンクーバー (YVR)- ポートランド(PDX)
8/14-17 ポートランド滞在
8/17  ポートランド空港から、Ochoco National Forestへシャトルバスで出発
8/21 皆既日食
8/23 Ochoco National Forestからシャトルバス – ポートランド(PDX)- ラスベガス(LAS)
8/24-30 グランドキャニオン、マーブルキャニオン、モニュメントバレー、ホピ族居住地訪問、セドナ
8/31 ラスベガス(LAS)- ロサンゼルス(LAX) – 成田(NRT)

 

旅の物語は、出発前日から始まる。

©ashramindigo

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA